Impressions

大阪・大分公演 皆様からのご感想

観劇後すぐに鏡を見つめて聞き耳を立てました。
構成作家
米井敬人 Yonei Takehito

素晴らしかったです!
初めて観るお芝居が「ト音」で本当に良かったです。

あっという間の120分!
あのテンポ感は、関西でもバカウケです。全力で楽しませて頂きました!

全く異なる新鮮な感動!
初演、再演とDVDで拝見していましたが、こんな新鮮な感動があったとは。全力で物語の中で生きている役者さんのパワーが客席まで伝わりました。

5年間ずっと通っています! 毎回、本当に楽しみにしています。

何回観ても面白いんだろうなぁ!
個人的に、こういう物語が大好き。ストーリー展開にぞくぞくしました。

仕掛けの多い脚本に贅沢な気持ち。
主人公の心の奥、同級生の思い、教師の人間関係など、様々な要素が入っている。役者さんがそのキャラクターをよく演じていた。

どの役柄も愛おしく大切に思える。そしてどの人にも共感できるものがある。そんな劇団5454の作風が好きです。

ぐっとくる作品と知っているから楽しみ!
観劇前のコメントですが、魅力的な作品と分かっているからこれから観れるのことが嬉しいのです。

3回観て千秋楽で一番泣きました。東京公演にも必ず行きます! 

 

ト音の衝撃
いつもページの半分しか書けない日記。ト音の感想だけで、一気に2ページ書きました!

演劇は生で楽しむ!
映像で観ていた「ト音」を初めて、生で観劇した。演劇は生で観た方が絶対に良いと思いました! 最高に面白かったです。

演劇・初参戦の妹が大満足!
ストーリー展開の面白さ、舞台セットの使い方など見所が多く、面白かったです。他の作品も妹と観にいきます!

5454の演出と音楽が大好き!
いつも期待を裏切らない5454の舞台。東京公演も頑張ってください!

千秋楽に観劇したけれど、もっと観たかった
もっと予約して観ておけば良かったと後悔。心が洗われました。心が豊になることへの幸せを感じました。

やっと観ることが出来た5454の「ト音」!
オープニングから、ラストのシーンまでずっと釘付け。この作品、素敵すぎる。

演劇部で知った「ト音」
部活で「ト音」の脚本に出会いました。実際に観て、内容、美術、演出に感動。特にオープニングが大好きです。

ラスト30分は、完全に引込まれました。

 

何年かしたらまた観てみたい作品。
自分の年齢や立場が異なれば、響く言葉やキャラクターもきっと変わってくるんだろうな。

舞台美術が素晴らしい!
黒板の文字の使い方こんな使い方があるのかと驚く。そして全ての台詞には意味があり、真実が明かされたときに全て繋がっていく。

軸のテーマを探求する姿勢に惹かれる。
5454作品を観るのは、「トランスイマー」に次いで2回目。テーマを様々な角度から探求する創作の仕方が好きです。

考えながら観る!
ボーっと観るのではなく、少し考えながら観る作品。スピーディな展開を一緒に追っていく自分の頭が途中で混乱しそうになったがなんだか嬉しかった!

ラストが泣けた
見応え十分。何度観ても楽しく、ラストは涙。これからも応援していきます!

2時間以上、観れます!
主役だけでなく、登場人物の皆さんが、それぞれの魅力を発揮している作品。もっと「ト音」を楽しみたいと思いました。 2時間ではもったいない!

 

展開が全く予想できず、途中から鳥肌が立ちっぱなしでした。
はじめての感情で、うまく表現できませんが、とにかく涙が止まりませんでした。思い出してまた泣いています。

感動しました!
一つ一つのキーワードがラストでつながり、ト音の世界に引き込まれました! 

終わった瞬間、「面白かった!」という言葉しか出ませんでした。
笑いも、涙もある感動。自分たちが目指している演劇の世界。
登場人物の感情がクライマックスに達したとき、ライティングの色が変わり、照明効果に衝撃を受けました。

前半は、藤君と秋生くんがテンポよく先生ネタを語るシーン、
後半は、2人が胸の内をぶつけ合うシーン。
感情移入して涙が出そうでした。

どうやってストーリーを考えているのか、とても気になります。
教えてください!

心にドスンと衝撃を受けた感じです。しばらく自分の気持ちを上手く話せませんでした。藤くんと秋生くんの感極まる演技を観て、ポロポロと涙が止まりませんでした。

戸井先生を演じた松永渚さん。大好きです! 
生徒の言う言葉にすぐにへこんでしまったり、オタクっぽさがリアルで応援したくなる先生でした!

のめり込みました!
2時間があっという間に過ぎました。そして、ずっとドキドキしていました!

やっぱり劇団5454好きだなぁと見終わった後に感じました。
いつもたくさんの感動をありがとうございます!

勢いのある舞台に、しびれました。
黒板の使い方が印象的でした。

 

榊木並さん演じる、飾らない江角先生。
近くに、こんな先生いたらいいなぁと思いながら観ていました。大好き!

毎回、観るたびに劇団5454にはまってしまいます。
これからも観続けようと思います! また大分に来てください。

観ている間、ずっとドキドキしていました。
凄い迫力で、「うわっ!」とか「えぇ〜!」とか声が出そうになったというか、声が出ちゃいました。
藤君の足の長さにはびっくり。五味先生の笑顔も大好き!

藤君と秋生くんと、その時間を一緒に過ごしているようでした。
それぞれの心情のぶつかり合いが、とても心地よく、笑いのツボもばっちりと押さえられていて面白かった。ずっと観ていたかった

秋生役の板橋廉平さんが不安定な心の動きを上手く表現していたと思います。
一つ一つのシーンに引き込まれました。

千葉君の無邪気な笑顔とあったかさに元気をもらいました!

笑いを誘いながらも、ちゃんと重要な役割を果たしている古谷先生を豊かな表現力で演じていた関幸治さんにとても惹かれました。

登場人物の心の動きが、ばしばしと自分の心にぶつかってきてどんな瞬間も見逃せませんでした。もう一度観たい!大好きです。

 

はっとする驚きの演出。笑いと感動をありがとうございました!

 

五味先生がラストに秋生と関わるシーンは、とても衝撃的で私の心に刻まれました。

オープニングの演出は見逃せない! 黒板の使い方も凄いなぁと思いました。とても楽しかったです。

 

藤くん役の小黒雄太さんの声が好きです。
あんなにせつない役を上手く演じていたと思います。

いけ好かない坂内先生を村尾俊明さんが、とことん役作りされている姿に刺激を受けました。こんな先生、おるわと思いながら観ていました。リアルでとても面白かったです。

 

いつも観た後に、必ず心に刻まれます。
「ずっと演劇をやり続けていたい」と。
大好きです。劇団5454に出会えたことに感謝します!幸せすぎる時間をありがとうございました!

 

あっと言う間の2時間。観客をどこまでも惹き付ける数々の演出。
秋生と藤の黒板を使ったネタ出しのシーンは印象的だった。

五味先生が、典型的な堅物先生だけど、真の優しさが感じられ、感動しました。

面白い場面もあるし、シリアスな場面もある素晴らしい舞台。
脚本と演出がとても良いと思いました。

ラストの五味先生と秋生のシーンは、臨場感があり、観客はお芝居の中にどんどん引き込まれていったと思います。
五味先生の笑顔を見せる演技が好きでした。

 

のめり込みました。演出が好き。音楽が好き。オープニングはやっぱり格好いい。

安達先生役の石田雅利絵さんの顔芸が素敵。どこにでもいそうな先生を自然におもしろく演じていて、とても惹かれました!

及川さん演じる長谷川の、シーンごとに異なる魅力をわくわくしながら観ていました!

演劇って凄いですね…
もし誰かが抱えきれない痛みに苦しんでいたら、更に傷つけるのではなく、その人を優しく包んでくれる響きが多く奏でられることを祈ります。

2回観ました!
初日に観劇し、とても素晴らしかったので千秋楽も観に行きました。また大分で公演してください!

 

5454の演劇の世界観が大好き!
一人一人の個性あるキャラクターも魅力的。ストーリーに引き込まれ、一瞬たりとも目が離せない場面展開。期待以上の作品に満足しています。

 

役者の真っすぐな演技に心が打たれました。
初日だけ観劇する予定でしたが、思わず翌日も観に行ってしまうほど
とても素敵な作品でした。特に秋生くんと藤くんのラストのシーンが印象的で、気づけば自分も涙を流していました。また観に行きます。幸せな時間をありがとうございました。

あっという間の120分間!
素敵な脚本の台詞を役者の皆さんが、本当に生き生きとリズミカルに演じていました。見終わったときの感動は、鳥肌ものでした!

舞台美術に目を奪われました!
去年に引き続き公演を2回観て大正解でした! 役者さんたちの動線と美術セットの使い方をじっくり観察させていただきました。帰り道も「いったいどんな稽古をしているのだろう」と想像を巡らせて帰りました!

友達を大切にしようと思いました
いつの間にか人を信じることが苦手になっていた自分。この舞台を観て少し寄り添っていこうと考えられるようになりました。色々なことを考えさせてくれる素敵な舞台でした。

また僕の故郷、大分に来てください!
個人的には、森島縁さんのファンです!今度は役者として大分に来てください!

 

私は演劇をほとんど観たことがなかったのですが、全てが新鮮で楽しかったです。5454さんの活動は、facebookでチェックさせて頂きます!

 

もっと色々な人に観てもらいたい!
久しぶりに観た演劇でしたが、想像以上に楽しみました。

2度観る面白さ!
全てが分かった上で、もう一度観たいと思える作品。

 

あっという間の2時間!
5454の魅力は、同じ作品でも何度でも観たくなる面白さがあるという事!

終わってから考えると色々な事が完璧!
舞台セットや照明、音楽、役者の動き、演出の全てがお見事でした。また大分で公演してください!

東京でまた2回観ます!
今まで舞台は全く観なかったのですが、今回、縁あって5454の舞台を観させて頂きました。予想外のストーリー展開、舞台セットの切り替え、役者さんたちの熱い気持ちが伝わりました。とても素敵な舞台でした。